読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックの「口コミ」は大好評~!

評判
充電機能付きです。この製品を使うと、なぜ日本の家電メーカーが衰退したのかが良くわかります。もっとも充電器の種類によっては、充電しながらの受信はノイズだらけになるので要注意です。

3月28日 オススメ商品!

2017年03月28日 ランキング上位商品↑

ブラック【送料無料】TECSUN BCLラジオ PL-310ET PL-310の新型  高感度 短波ラジオ 短波/AM/FMラジオ ブラックPL-310ET

詳しくはこちら b y 楽 天

しかし!FM帯をダイヤルを回しながら探っているとダイヤルがポロリ。日本語のマニュアルがついています。ラジオを聴く部屋の受信環境が悪くノイズは入るしフェージングが多くて受信できる局も限られていました。そして一人前に側面に外部アンテナ入力ジャックがありました。単三電池3本で私が手にしたものは消耗にストレスなく使えています。イヤホンジャックはステレオ対応です。すでに搭載されているロッドアンテナで受信快調になったのでこれを使う機会はありませんが・・・。受信した電波をすべてデジタル処理して音声出力します。携帯性も優れ!見知らぬ土地でもETM機能で放送局をキャッチしてくれます。感度は比較的良く!設置環境によりますが!窓際では概ね内蔵ロッドアンテナで受信可能と思います。電池種は設定変更で一般のアルカリ・マンガン系だけではなく!ニッケル水素電池にも対応していました。1台目の馴れ初め商品レビューを書きます。良品と交換して頂けませんでしょうか。1台目購入の実績から気に入ってのリピートのラジオ好きな人へのプレゼント用です。BCLの入門用、あるいはベテランBCLならサブ機として使えると思います。星を五つ点けたかったのですが、ひょっとしたら製品に当たり外れがあったら?とひとつ減らしました。ところが何故か、電池の減りが極端に早いです。。添付の取扱説明書は一部解りにくい部分もありますがネット検索で丁寧に説明されている方がいますので困ったら検索してみてください。しかし!FM用ダイポールをつなげばPL-380単体では受信できない微弱局もキャッチでき!当初の目論見どおりの働きはしています。4年間毎日(目覚まし時計代わりに)目覚ましラジオとして使用中のPL-310のアンテナが筐体内部で折れた為!後継機のPL-310ETを購入しました。【電源SWをOFFにしても、ごく小さな音量で(「サーッ」)とホワイトノイズの様な音が出ている】ことが分かりました。携帯に便利で海外出張の際にNHK Worldを受信するのに使っています。いいですよ。当初原因不明でしたが、10日目にようやく原因を見つけました。この辺は中国クオリティでしょう。AM!FM(FM補完放送にももちろん対応)!短波が受信できます。受信性能はFM/AM共に高いです。我が家の他のラジオ(SONY ICF-SW7600GRやDEGEN DE1103)よりも電池の減りが早く、このままでは目覚ましラジオとして使えそうにありません。電池交換時にメモリリセットされません。国産では(たぶん)存在しないDSP(Digital Signal Processer)ラジオです。そしてその流れからこのラジオを知り「型式」で楽天検索です。設定でモノ/ステレオ切り替えられます。普段!SDRでBCLを楽しんでおりますが!こちらも日常使用には申し分ない受信感度があり!機能も充実しているのでお買い得といえるでしょう。ちょっとしたバックアップ機能が搭載されているのだと思います。スピーカー音質が少し安っぽいのでそこが残念です。で!BLCラジオです。この音は、電池を抜かない限り消えません。あわてて拾って押し込んでいます。中国製ですが、つくりはしっかりしています。どうすればこの状況を緩和できるのか?解消できるか?とネット検索で探っていたら「DSPチューニング」というものを知りました。外部アンテナ端子もあり、さらに強度が欲しい場合はアクティブアンテナをここに接続しています。ニッケル水素電池を入れて充電できる機能が気に入りました。PL-380というラジオを持っていましたが!FMを聞くのに外部アンテナを使ってみたくて購入。音楽よりもニュース向きの音質ですね。旅行に行く際に!ロッドアンテナ使用前提ではPL-380を使っています。電池目盛りで比較すると、イメージは、「PL-310は、2週間」「PL-310ETは、 3日間」。とても困っております。どうやら何らかの不具合で!内部通電しているものと思われます。信号強度を上げたいときは、付属のワイヤーアンテナを使うと良いと思います。単体の性能は!少なくとも所有機ではPL-380の方が上。SSB受信はできません。受信感度、選択度が良く、受信できる放送局をボタンひとつで自動的に設定してくれるETMを搭載しているため、電池を入れてすぐに放送が受信できます。